【無料】一次調査ご依頼フォーム

これは怖すぎる!ウイルス感染や情報漏えいを疑似体験できる2つのサイトを紹介

毎日のように行われるサイバー攻撃。
見えないところで、ハッキングが行われ、ウイルスが次々と作られています。
そういうセキュリティ事情を話し、対策の必要性を説明すると、

「ウイルス感染のイメージがつかない」
「ウイルス感染したなんて聞いたことない」
「自分は感染しないから大丈夫」

などと言われる方が非常に多いです。
確かに、ウイルス感染するまで、セキュリティの必要性を感じれないですよね。セキュリティ対策は安いものではないので。

そこで面白いサイトを見つけました。
それは、ウイルス感染の疑似体験ができるサイトです。

しかも、提供元は大手ウイルス対策ソフトの会社なので信頼できます。
ウイルス感染するとどうなるのか、体験して頂き、セキュリティ対策の必要性を感じてもらえたら幸いです。

それでは、どうぞ。

1. 「スマホ利用における脅威」を疑似体験:トレンドマイクロ社

まず、トレンドマイクロ社の疑似体験サイト。
スマホ利用者向けに作られており、パソコンでは体験不可。

項目としては、
・フィッシング詐欺
・ワンクリック詐欺
・ランサムウェア

3つが体験できます。

フィッシング詐欺は、本当に正規サイトにしか見えない。
フィッシング詐欺をクリックすると、いきなり画面が切り替わり、適当に進むと登録完了に。
何気なく入力していたのが、後日クレジットカードが不正利用されていたり、アカウントが乗っ取られていたりなどなど。

「偽サイト」と分かっているから良いですが、正規のサイトだと思っていたら入力してしまう可能性があります。

またランサムウェアについても、進むと暗号化されたリアルな画面が表示されます。
ランサムウェアは感染すると、パソコンの中のデータが暗号化され、お金を要求する身代金ウイルス。
お金を支払ってもデータが戻ってくるという保証はありません。
当サイトはスマホのみの疑似体験ですが、パソコンであっても同様に感染してしまいます。

参考 スマホ利用における脅威疑似体験トレンドマイクロ公式HP

2. ウイルス被害を疑似体験:McAfee社

次が、McAfee社の疑似体験サイト。
パソコンでも体験することが可能です。

最初の画面の注意事項からして、いきなりすごい。
※衝撃的な内容となっております。心臓の悪い方は、ご注意ください。

進むを押し、次のページで「YES」を何気なく教えてみてください。
その瞬間に、ウイルス感染した画面がブワーっと出てきます。

音もリアルだし、これ会社とかでやると、本当に心臓に悪い。
「ウイルス感染の疑似体験」と分かっているのに、「感染したかも?」と本気で思ってしまうレベルですね。
画面はオーバーですが、「感染した」という驚きは、疑似であっても変わらないと思います。

疑似体験が終わると、最新のウイルス対策最前線レポートのページへ飛びます。
実際の感染動画、被害報告、被害者の声などセキュリティ事例が掲載。

参考 ウイルス被害疑似体験McAfee公式サイト

いつウイルスに感染してもおかしくない

以上、2つのウイルス疑似体験ができるサイトを紹介しました。
あくまで疑似体験なので、サイトをクリックしても感染することはありません。
もしかしたら、ウイルスの感染って意外とこんなもんかと思った方もいますかね。

ウイルス感染の疑似体験は、あくまで体験でしかありません。

このサイトがもし、本当のウイルスサイトだったらどうでしょうか。
「ランサムウェアでパソコンやサーバーのデータが全て暗号化」
「クレジットカード、ID、パスワードといった個人情報が漏えい」
「パソコンが乗っ取られ、取引先へ迷惑メールを送っていた」

など、といったことになります。

ぜひ、疑似体験でセキュリティへの必要性を再認識していただけたら幸いです。
弊社では情報漏えい調査サービスを提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。